面接で、面接を受ける側から面接担当者に質問をすることを言います。

面接は面接を受ける側の応募者が会社を見極める場でもあるため、疑問や不安に思うことは積極的に聞くことが大切です。

ただし、質問のタイミングと聞き方には注意が必要です。
一番いいタイミングは面接の最後に聞くことです。

面接担当者から「何か質問は」という一言があればベストですが、そうでなければ「質問してよろしいですか」と言ってましょう。

なお、質問する表現は、前向きな表現を心がけることです。

残業の有無など聞きにくいことも、「入社後に担当する仕事について関心がありますので、詳しく教えていただけますか」などと切り出し、さりげなく確認するといいでしょう。

おすすめランキング・転職サイト

ランキングへのリンク