定職を持ちながら、収入の不足を補うために夜間や休日にほかの仕事をすることをさします。

正社員として働く人は、多くの場合、就業規則によってアルバイトを禁じられており、ダブルワークはできません。

会社に黙ってアルバイトをしても、確定申告の際にばれてしまうケースが多いようです。

非正規雇用の場合、ボーナスなどがなく、月収も正社員に比べて低く抑えられていることが多く、勤務先で勤務時間を増やすことができなければ、ダブルワークという選択肢も視野に入るでしょう。

無理せずにダブルワークをするには、空いた時間を有効活用できる仕事を見つけることが大切です。

おすすめランキング・転職サイト

ランキングへのリンク