再雇用を条件とした解雇のことです。

企業の業績悪化時に一時的な人員削減を行い、人件費を
抑えるための手段の一つとされています。
業績回復時には優先して再雇用することを約束しています。

アメリカでは、勤続年数によって決められる「先任権」に基づいたレイオフが用いられています。

勤続年数が長い者の方が先任権を持っているということになり、先任権の低い者からレイオフされます。そして、レイオフが終了した時には、先任権の高い者から再雇用されます。

一方日本では、失業者数は年々増加し雇用情勢は社会問題化しつつありますが、レイオフという形での雇用調整は一般的ではありません。新規卒業者の採用を控えることや早期助手退職制度などによって、雇用調整が行われているという状態です。

おすすめランキング・転職サイト

ランキングへのリンク