転職サイト「ビズリーチ」が、各業界専門のヘッドハンター100人に調査した結果、7割が「13年より転職市場は好転する」と回答したそうです。

日刊ゲンダイのヘッドハンター100人に調査したところ、 「転職は2014年がベスト」と答えた人が多く、アベノミクス効果で、最新の有効求人倍率はリーマンショック前とほぼ同じ水準の0.98倍まで回復してきてます。

今、求人を増やしているのが、大手不動産やゼネコン。増税やオリンピックで“儲かる”ことを予測できる業界です。

さらに経済産業省が全国法人約10万社にアンケート調査等を実施した『人材ニーズ調査』でも、「技術面でのスペシャリスト能力に加え、マネジメント能力も併せ持つ人材が求められている」という調査結果がでております。

またキーワードとして「銀たま採用」という言葉もトレンドになりつつあります。

以上より次のような人は今年転職を考えてみてもよいかもしれませんね。

自分をさらに成長させたい人

今の会社では自分の思ったような成長が見込めない。
今より一つ上の仕事に挑戦したい。

様々な業界の人たちと一緒に仕事をしたい人

同じ業種の人たちだけではなく、全然違った業種の人たちと一緒に仕事をしていろいろな刺激を受けたい。

2020年にはオリンピックもありますのでそこに照準を合わせて転職してもいいかもしれませんね。

おすすめランキング・転職サイト

ランキングへのリンク