面接には、大きく3つのタイプがあります。
「個人面接」「集団面接」「グループ面接」の3つです。

個人面接

個人面接は1対1(複数の場合もある)です。

時間をかけてゆっくりと、どういった人物でどういった能力を持っているのかを見ようとするものです。

1対1の場合は、安心感が生まれ気が緩むことが考えられるため、言葉遣いには細心の注意が必要ですね。

また、突っ込んだところまで聞かれることが普通なので、正直に柔軟に答えましょう。

集団面接

集団面接は2~対2~です。

人の意見に耳を傾けたり、周囲に気配りしたり、質問に対して正確な返答をすることはもちろんのこと、工夫や面白さをプラスすること等が見られます。

いかに他の人もいる中で自分をアピールできるかがポイントです。
ただ、アピールしすぎて協調性に欠けると見られてしまう場合もありますのでバランスよく対応する必要があります。

グループ面接

グループ面接は5~(グループ)対2~です。

1つのテーマを設けて、それについてディスカッションを行うのが一般的です。

コミュニケーション力、積極性、協調性、個性等が見られます。
ここではファシリテーターを自然と担当し、うまく他のメンバーを誘導して意見を引き出すといった役回りができると高い評価を貰える可能性があります。

全てにおいていえることは決して意気込みすぎず、自然で且つさりげなく自分の狙ったことをアピールすることが大事です。