転職といえば必ずあるのが面接です。

その面接に向けては誰しもが事前に準備をしておくと思います。
そして、口コミや評価等を見るとある程度決まった質問にまとめられる事がわかります。

そんな決まった質問を3つにまとめてみましたので参考にしていただければと思います。

志望理由について

「何故転職をすることになったのか?」
「何故当社を志望したのか?」
この2つの質問は必ずと言っていいほど聞かれますね。
逆に聞かれない会社は何のための面接か疑っちゃいます。

ここでは、転職理由には絶対に「人間関係」を挙げないようにしましょう。
人間関係を理由に転職する人は転職先でも人間関係で失敗すると思われてしまうためです。

今までの実績について

転職ということは前職の実績が必ずあります。
「どういったことをやってきて何の成果を出したのか?」

ここでは客観的に評価できる成果を挙げるようにしましょう。
主観的な観点からの答えは自己満足でしかないと思われてしまうためです。

本人について

実は一番面接で重要視されている質問です。
志望理由や実績も大事ですが、やはり企業は人間を見て採用いたします。

いくら理由や実績が素晴らしくても人間的に魅力がなければ採用はなかなかされません。
無理に作る必要はありませんが、自分の良さを最大限に活かせるように心がけましょう。

その一つのアドバイスとしては、とにかく面接官と笑顔で会話することです。
面接官も笑ってくれれば緊張もほぐれますし、お互いにいい雰囲気の中面接を進めることが出来ます。

編に意気込んでしまうと顔もしかめっ面になり、相手からは何か機嫌が悪いように見えてしまい、悪い印象を与えてしまいます。

以上より、事前に準備することは大事ですが、一番大事にしたいのは、面接時の雰囲気です。
とにかく、リラックスして楽しむくらいの気持ちを心がけましょう。

そのためにはある程度の経験や自信も必要になってきますので事前に何社か受けてから本命の企業を受けるのもよいのかもしれませんね。