特定労働者派遣とは労働者が派遣先企業に派遣されることを前提に、派遣元企業(派遣会社)の社員として入社する就業形態です。

労働者は派遣会社に雇用されているので、安定した収入を得られます。常用型派遣とも呼ばれています。

日本のIT業界では、正社員を他社に派遣する「特定労働者派遣」というシステムが広く使われています。
しかし、厚生労働省が1月下旬にも特定労働者派遣の廃止を含む労働者派遣法の改正案を提出する見込みだそうです。
これが可決されれば、早ければ2015年にも「特定労働者派遣」というシステムがなくなることになりそうです。

これはIT業界にとっては少なからずインパクトのある話で、これからも話題になりそうなキーワードですね。

おすすめランキング・転職サイト

ランキングへのリンク