リファレンスチェックとはあなたの得意先の社長、役員、部長やコンサルタントなど、社外の方であなたと業務を一緒に行った人 (仕入れ先側、ベンダー側などの上級職の方)などにヒアリングすることを言います。

リファレンスは「保証人」ではなく、ビジネス上の「評価確認者」を意味します。
身元確認といった意味合い以上に、ビジネス上の評価を確認するという意味合いが大きいものです。

一般的には経営陣、役員、部長クラス、役員専属秘書、あるいは戦略上重要なポジションなど、マネージャークラス以上の責任の大きい職につく場合に求められます。

第三者として正当な評価をジャッジし、物言いが付かないよう公平にする「あなたの推薦者」とも言えるのではないでしょうか。

おすすめランキング・転職サイト

ランキングへのリンク