みなし労働時間制とは営業マンや新聞記者など、社外で働く者の労働時間を所定労働時間労働したものとみなすことをいいます。

会社の外で働く営業社員のようなケースでは、実際、外で何時間仕事をしているかを正確に把握することができません。
ですので、所定の労働時間を労働したと「みなす」制度のことです。

「事業所外勤務」と「裁量労働」に適用されます。
ただ、この制度を導入するには、事前に労使協定を結ぶ必要があり、厳しい要件を満たさなければなりません。

この制度は正しく理解すれば合理的な制度ですが、間違えるとブラック企業と呼ばれるような話につながる諸刃の剣的な制度です。

おすすめランキング・転職サイト

ランキングへのリンク