よく面接で「~をやっていきたいため」という回答をする人がいます。

しかしながら自分の気持ちのみを伝えても採用担当者への
アピールにはなりませんね。

自身のやってきた仕事の実績や経験を、転職先の企業が
求める人材像と一致させ、アピールしながら貢献して
いきたいという意欲を示巣必要があります。

たとえ経験やスキルがない場合でも、自身の持っている強みについて
仕事にどう生かせるか、企業にどう貢献できるかを紐づけて説明しましょう。

企業側からするとその人の自己PRが企業が求めている人材に
マッチするかという観点で聞いています。

さらに貴社だから入社したい理由と併せて伝えられるとよりよいでしょう。

説明の流れとしましては、

前職での実績、やってきたことの紹介

どういった仕事内容でその中で自分はどのポジション、
役割で仕事をしていたかを紹介します。

その中での成果と振り返り(自己分析)

自身の成果だと思っている部分を説明します。

この時に客観的に見ても成果だとわかる内容が
よいです。主観的な成果ではそれが成果なのかが
聞いている側には分かりません。

自己分析から見えた自身の強み

自己分析も客観的な視点で冷静に分析しましょう。

その際に強みだけでなく弱みも合わせて分析すると
自身をちゃんとわかっているとみられます。

その強みと転職先企業の求めている人物像との比較

企業の求める人物像を求人内容等から分析し、その人物像と
自身とをマッピングします。

その際に強みだけでなく弱みについても克服できるといった
ストーリーだてができるとよりよいでしょう。

マッチしている根拠と自身の転職先企業に対しての思い

こちらもあくまで客観的に判断できる内容にすべきです。

主観的すぎると相手から都合がよすぎるとみられてしまいます。
そして、最後はその企業への思いをインパクトのある言葉で
締めくくりましょう。

とにかく内容は冷静な分析の元、説明しますが、最後は
気持ちの部分をアピールし、印象つけることが大切です。

上記の5つの流れで整理すると、面接官も聞いていて
わかりやすいかと思います。

おすすめランキング・転職サイト

ランキングへのリンク